35歳で転職の成功を目指す!転職活動まとめ

*

まだイケる35歳は転職適齢期!

1.35歳は転職限界説の崩壊

 時代の流れは急激に変化しています。この数年、転職市場もまた、大きく変化しました。各企業によって欲しい人材は違ってきますが、転職市場の大きな流れとして『グローバル人材』と『即戦力』を求める企業が増えていることです。

 そのためでしょうか、即戦力としての経験が評価されやすい35歳以上の人材が注目されるようになりました。企業が求める即戦力の軸となるものは、『業界に対する豊富な知識を持っている』『業界に関連する人脈を持っている』『マネージメントの経験を持っている』などです。しかも35歳くらいであれば、新たな環境への適応力もそれなりにあるでしょうから、例えば新たな市場の開拓などを任せられる素質があれば鬼に金棒と言えます。

 こんな状況にも関わらず、いまだに古い情報を鵜呑みに、35歳以降の転職は無理だと考える人が多いようです。しかし時代は代わり、すでに『35歳転職限界説』なるものは崩壊しています。「もうこの年では転職なんて無理だろう」と諦める前に、客観的に現状を眺めてみましょう。

2.35歳は転職適齢期

 35歳の社会的魅力といえば、まず一番に「中堅」というポジションです。例えば大卒者の場合、社会人になってすでに13年ほど経過しています。新人や若い社員のように1から10まで指示を出さなくても自分自身の判断で仕事を遂行できるだけの経験を積んでいるはずです。

 また、後輩や派遣、パート社員の指導などをこなしている場合もあり、それでいて40代や50代の世代よりも若く、まだまだ体力、適応力ともにあります。何よりも若い内にIT知識を吸収した世代ですから、即戦力としての能力を持ちつつ、上の世代が習得に四苦八苦するITを無理なく扱えることが売りとなります。

 そのためでしょうか、この1,2年ほどで35歳の転職者の割合が増えてきています。逆にこれまで転職適齢期と言われた25歳~29歳の転職成功者が減ってきており、総合的に力を持った35歳近辺の人材に注目が集まってきています。

3.35歳で転職を成功させた人の共通点とは?

 前記しましたが、まず、企業が求める人材というのは何よりも「即戦力」であることです。即戦力の中身は『知識』『人脈』『マネージメント能力』です。そのため同じ35歳であっても前職での経験や知識が少ない場合、残念ですが好条件での転職は難しいと心しましょう。35歳で転職を成功させた人たちは皆「即戦力」として認められています。また、これまでの仕事に対しても前向きな気持ちで取り組んできたことが評価されています。

 その上で新しい環境に放り込まれも適応できる柔軟性があれば転職後、新天地で力を思う存分発揮することが可能です。また、何かプロジェクトをゼロからスタートして完成させられる能力があれば年齢問わず引く手あまたな状況です。

4.転職サイトを利用して効率的に求人探し

 転職が成功するかどうかは、良い求人に出会えるかどうかが鍵となります。そのため、転職はタイミングが大切だと言われています。無職の状態でいつ出てくるか判らない求人を待ち続けるのは経済的にも精神的にも辛いものがあります。転職活動はできるだけ仕事を続けながら行いましょう。

 仕事をしながらの転職活動は時間との戦いです。効率的に求人を探すためにはネット上で全ての求人検索ができる転職サイトを活用すると良いでしょう。特に転職サイト最大手の『リクナビNEXT』は求人件数も転職成功者も多いので、最初に登録する転職サイトとしてお勧めです。

 就業後に時間が取れるのであれば『リクルートエージェント』などの人材紹介会社の利用も効果的です。ネット上では扱えないような機密求人を紹介してもらえる確率が高まるという利点があります。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
35歳転職者の人気No.1のリクナビNEXTの求人情報総数は業界トップクラスで求人案件はベンチャー企業から大企業まで幅広いので、自分に合った求人を探すことができます。


リクルートエージェント
詳細
★★★★
業界・職種に精通した、頼れる専任アドバイザーが親身になって貴方の転職をサポートしてくれます。
利用者の声
良かった
35歳でキャリアアップ転職を果たすためには、プロのサポートが不可欠だと考え、在職中にリクルートエージェントに登録した。まだ職位がついておらず、マネジメント経験がない自分が何をアピールすべきかを、キャリアアドバイザーと一緒に考えることができたことは、とても大きかった。自信を持って、紹介した求人に応募できた。
良かった
転職活動を行っていることを、勤務先に秘密にしたかったので、リクルートエージェントに登録しました。キャリアアドバイザーとのカウンセリングも、土日でできましたし、希望条件に合う求人はパーソナルデスクトップに送ってくれます。面接日時の交渉までしてくれるので、勤務先に迷惑をかけずに内定をいただくことができました。
良かった
リクルートエージェントの非公開求人には、とても魅力的なものが多く、35歳の自分でもキャリアアップが実現できると確信できた。海外勤務が希望だったので、必須とされるTOEICスコアをクリアしたこともあり、好条件の求人を紹介してもらい、早々に内定。この恩は仕事で返したいと思う。
普通
35歳ともなると、同じキャリアでも能力には差が出るものだと思っています。だからこそ、キャリアアドバイザーとのカウンセリングが必須のリクルートエージェントに登録したのですが、地方都市に住む私は電話での会話になり、求人も思うように紹介してもらえません。もう少し、地方の求人を開拓してほしいです。



5.成功者の体験談

(TKさん・男性・35歳)

 少し高飛車な発言ですが、前職では目標にしたい上司や先輩が居なかったというのが転職活動を始めたきっかけです。新人の頃お世話になった先輩はすでに転職済で、残っている方々に魅力を感じなかった。それで35歳を目前に転職活動に入りました。

 仕事を多く任されていたので時間的ゆとりはそれほどない中、Web上で求人検索していました。ともかく条件は二の次で、これまでの経験を活かせ、雇い主の利益に貢献できる仕事、将来性のある活気のある企業を探す事にしました。1年くらい掛ければ見つかるだろうと気長に考えてましたが、意外や意外、1ヶ月半ほどで現在の会社と出会い、転職することになりました。条件は前職と同等。能力次第で昇給もあるという好条件を頂きました。引き継ぎは2ヶ月ほど掛かってしまったのでそっちの方が大変でした。

 35歳での転職は、前職での経験を活かせるポジションを探すことが大切です。自分の利益ばかり考えるのではなく、企業へどれだけ貢献できるか?を考える姿勢はかなり評価されます。

(OKさん・女性・35歳)

 前職は出産を契機に退職しました。できるだけ続けたかったのですが残業の多い職場だったので断念。無職時代が長引くと再就職が難しくなるので子どもが3歳になった時点で転職活動を始めました。仕事が決まるまでは保育園に預けることもできないので、ネットで求人を探してました。周りにはパートじゃないと無理だと言われてましたが、諦めずに探し続けて時間は掛かりましたが子育て中の女性でも働きやすい今の会社に決まりました。先輩社員さんも同じ子育て中の方なので心強いです。

 例え小さなお子さんがいるというハンディがあっても諦めず、粘り強く転職活動を続ける姿勢は大切です。子育て経験を仕事に活かすくらいの気持ちで前向きに取り組みましょう。

6.最後に

 これまで35歳の転職は意外と需要があることを伝えしてきましたが、無闇に転職をお勧めしているわけではありません。なかには現職を続けたほうが有意義な人生を送れる方もいますので、その人その人で状況が変わってきます。

 しかし年齢で転職を諦めてしまうには35歳という年齢は早過ぎることをご理解頂きければ幸いです。定年が65歳に伸びた現代、残り30年の社会人人生を如何に生きるか?この記事を読んで考えるきっかけにしてみては如何でしょうか?

公開日:
最終更新日:2016/06/28